ホーム 社協について 安心した暮らしを送るために
〔地域福祉権利擁護事業〕
判断能力が十分でない方を対象に、利用者との契約に基づき、福祉サービスの利用に関する相談に応じ、助言や情報提供により、その選択・契約を支援します。
○福祉サービスの利用援助
例)福祉サービスを利用し、または利用をやめるために必要な手続き
福祉サービスの利用料を支払う手続き
福祉サービスについての苦情解決制度を利用する手続き等
○日常的金銭管理サービス
年金を中心にした日常的金銭管理のお手伝いをします。ご希望や状況に応じて日常的金銭管理サービスで取り扱う通帳・印鑑をお預かりすることもできます。
例)年金および福祉手当の受領に必要な手続き
税金、社会保険料、公共料金、医療費、家賃等の支払い手続き
日常生活に必要な預金の払い戻し、預け入れ等の手続き等
○書類等の預かりサービス
瑞穂町社会福祉協議会が金融機関の貸金庫に大切な書類をお預かりします。
例)ご本人名義の「年金証書」「預貯金の通帳」「権利証」「契約書類」「保険証書」「実印や銀行印」などがお預かりできます。
Q 利用できる人は?
A 認知症高齢者、知的障がい者、精神障がい者などで判断能力が十分でないために日常生活に支障のある方が対象になります。ご利用については、瑞穂町社会福祉協議会の専門員がご本人と面接いたします。
Q 利用料金は?
A ご相談や支援計画の作成は無料ですが、契約締結後の援助については、有料となります。下記の料金表のとおりですが、この時間は生活支援員が利用者ご本人のお宅に到着してから、援助終了後、ご本人宅を出るまでの時間となります。
また、この他にサービスにおける生活支援員の交通実費については利用者の方にご負担いただきます。
東京都内基本料金
援助内容 料金
福祉サービス利用援助 日常的金銭管理サービス
- 1回1時間まで 1,500円
※1時間を越えた場合は、
30分までごとに600円加算

通帳をご本人が保管する場合

通帳をお預かりする場合
1回1時間まで 3,000円
※1時間を越えた場合は、
30分までごとに600円加算
書類等お預かりサービス 1ヶ月 1,000円
〔相談支援事業(瑞穂町委託事業)〕
障がい者(児)及びその保護者等に対し、適正な相談支援(特定・一般)を行うため以下の事業を実施します。
    (1) 特定相談支援事業
  • 計画相談支援
    • サービス等利用計画の作成
    • 継続したサービス利用支援
  • 基本相談支援
    • 障がい者(児)等からの相談業務
    (2) 一般相談支援事業
  • 地域移行支援
    • 地域移行支援計画の作成
    • 入所施設や精神科等病院の訪問による相談
    • 地域移行のための障害福祉サービスの利用支援
  • 地域定着支援
    • 地域定着支援台帳の作成
    • 常時の連絡体制の確保
    • 緊急事態等の支援
  • 基本相談支援
    • 障がい者(児)等からの相談業務